AWA 2018年ランキング「AWArd 2018」全4部門を発表!

本日のAWAは、「AWArd 2018」をお届け! 「2018年に最もFavoriteされた楽曲」、「2018年の配信開始アーティストランキング」、「音楽認識ランキング」、「一度聴いたら虜になる魅惑の曲」の全4部門、それぞれTOP50を盛り込んだ、ボリューム満点プレイリストとなっております。 この記事ではランキングを部門ごとにTOP3だけご紹介!折角なので全ランキングを網羅して、2018年、しっかりと締めくくってみては?

1229_AWArd_TopFavorite@app.png

まずは2018年、最もFavoriteされた楽曲TOP50! 第3位はあいみょんの「今夜このまま」。言うまでもなく新垣結衣・松田龍平主演ドラマ『獣になれない私たち』の主題歌。若い世代に絶大な人気を誇り、とんだ林蘭とのコラボも話題な彼女の最新形態は今後も要チェック。 第2位はMr.Childrenの「HANABI」。こちらも言わずもがな山P主演ドラマ・映画『コードブルー』の主題歌。2008年のリリースから今まで、時代を超えてみんなの心を魅了する永遠のテーマソング。 堂々の第1位は菅田将暉の「さよならエレジー」!山崎賢人主演ドラマ『トドメの接吻』の主題歌。荒削りである一方、柔らかな表現も同居している声は、表現者 菅田将暉ならではの価値に昇華されています。

1229_AWArd_NewArtist@app.png

次は2018年に配信開始されたアーティストTOP50! 第3位はファンモンことFUNKY MONKEY BABYS。「あとひとつ」は彼らの真っ直ぐで青春を思い出させてくれる代表的な楽曲です。 第2位はポルノグラフィティ。ポルノグラフィティ といえばこの曲!というほど幅広い世代から知られているキャッチーな「サウダージ」。ラテン調の曲調がクセになります。 堂々の第1位はMr.Children!「Tomorrow never knows」は傷つきながらもあるがままに生きようとする人たちに届いてほしい楽曲。ぜひ心をさらけ出して聴いてください。

1229_AWArd_MusicIdentification@app.png

2018年、Search機能で最も音楽認識された楽曲TOP50! 第3位はBENIの「ひまわりの約束」。彼女の伸びやかで包み込んでくれるような歌声に癒された人も多いのでは? 第2位はONE OK ROCKの「Wherever you are」。AWAランキングの常連ワンオクことONE OK ROCK。まっすぐな想いを歌ったこの曲、暖かさがじんわりと心に沁みて寒い時期にぴったりですね。 堂々の第1位はD.W. Nicolsの「初恋はラジオの中に」!懐かしさを感じさせるハーモニカサウンド、ポップでありながら包容力のある声に身を任せると、ゆっくりなタイム感の異世界に連れて行ってくれそうです。

1229_AWArd_OnRepeat@app.png

最後に、2018年最もリピートされた、中毒性のある楽曲TOP50! 第3位はNissy(西島隆弘)の「ワガママ」。彼によって紡がれる物語に共感し、何度も心動かされた人は多いことでしょう。 第2位はバルーンの「シャルル」。予想を心地よく裏切ってくる曲の展開、中毒性のある不思議なメロディに、つい虜になってしまいます。 堂々の第1位はEveの「ドラマツルギー」!絶妙な言葉選びの感性やクセになるベース音、何度でも聴いて咀嚼したくなります。

AWAの2018年ランキング、「AWArd 2018」をぜひお楽しみください。


Credits

Text:Rina Dan