ライヴレポート:Ryohu ”Blur” Release Party / SIMI LAB @渋谷WWW

2017年12月8日、華の金曜日。この日は渋谷WWW で Ryohu(リョフ)のアルバム「Blur」のリリースパーティだ。Ryohu はラッパー、DJ としての活動をしながら、楽曲制作も手がけ、歌をもこなすオールラウンドプレイヤーなアーティスト。自身が所属する KANDYTOWN としての活動はもちろん、Aun beatz や、過去にはズットズレテルズのメンバーとして伝説を残した。近年では、Base Ball Bear や Suchmos、ペトロールズの客演参加も記憶に新しい。ソロでのリリースは「Green Room」や「All in One EP」などがあったものの、現場での限定リリースのみだった。しかし、今回のアルバム「Blur」は初となる全国流通盤。このアルバムにはバンド、ample の河原太朗を共同プロデューサーに迎え、打ち込みのヒップホップとバンドを見事に両立させた作品になっている。今日のリリースパーティでは、Ryohu はバンドセットでのライヴを行なう。そして、フロントアクトには Ryohu の盟友でもある SIMI LAB(シミラボ)。

 

SIMI LAB が登場し、「Avengers」で観客を一気にアゲた。この勢いで「Natural Born」、「Karma」、「OASIS」、「Mind Over Matter」をパフォーマンス。OMSB が「アガってきたんじゃないの?」と会場の雰囲気が変わったことに気付き、「おれ、分からせに来たから」と言いながら、噛んでしまっていた(笑)。そして、OMSB が「親のような目で見ててくれ」と言ったあと、MARIA がブラックジョークをかまし、観客を笑わせた。MARIA が「Ryohu おめでとうね。わたしもアルバム出しまして、そのなかから1曲紹介」と言って、MARIA のソロアルバム「Pieces」 のなかの「Just Good Friends」をパフォーマンス。チルな雰囲気に観客は酔いしれた。この曲を歌い終えた MARIA が「今日、1番盛り上がったんじゃない?」とメンバーに話し、OMSB が「これからは MARIA だけで SIMI LAB って名乗ってくれ」と観客を爆笑させた。MARIA が「それは、今更困るわ(笑)」と言ってからの、「Circle」をパフォーマンス。そして、次のパフォーマンスの前に、「これは超覚えやすいから、みんな歌ってくれ!」と SIMI LAB メンバーが話し、SUMMIT のポッセカット「Theme Song」が流れた。フックの ”ケツまで魏死利...” の部分を、”Yeah Yeah Yeah...Wow Wow Wow...”と歌い(笑)、観客と合唱し、1番の盛り上がりを見せて  SIMI LAB が去った。

 

盛り上がった状態で、主役である Ryohu とバンドメンバーが登場した。バンドメンバーには河原太朗、AAAMYYY、安藤康平、サンバルカン、大井一彌といった豪華なメンバー構成。

Ryohu.MAIN.jpg

音合わせからの「The More, The Better」、「Blue Rose」、「Shapeless」の3曲をパフォーマンスした。そのあと「EP が発売しましてリリースパーティなんですけど、いかがでしょうか?」と Ryohu が話し、会場はそれに答えるかのように歓喜。「最後まで楽しんでいってください」と言って、「Desserts」、「Shotogun Shuffle」を2曲続けた。

ryohu2.jpg

「Good Times」をパフォーマンスしてるところに KANDYTOWN の DONY JOINT が登場し、会場は歓喜した。DONY JOINT は 「Ryohu リリースおめでとう。楽しんで行こうぜ」と言って去った。

feat.Dony Joint.jpg

Ryohu が「本当に良い仲間を持ったと思います。次の曲は、もういない大切な仲間と、今いる大切な仲間のために歌います」と言って、センチメンタルな名曲「Forever」を披露した。KANDYTOWN の MUD が登場し、またも会場は歓喜。そして、説明不要の「All In One」をパフォーマンスしているところに KANDYTOWN 、IO の登場で会場は熱狂した。この流れで 「Mood Blue」を IO とパフォーマンス。

feat.IO.jpg

このあと、メロウなナンバー「Hooh」、アルバムでのラスト曲「Say My Name」。バンドメンバーの河原太朗が「最後じゃない?」と言って、Ryohu が「あっという間ですね、このメンバーでまたやりたいと思っているので、そのときはお願いします」と話した。そして「Car Rase」をパフォーマンスし、バンドメンバーとのセッションをして Ryohu とバンドメンバーが去った。

ryohu3.jpg

アンコールで、Ryohu が登場し「みんな早く来てよ」と言って、バンドメンバーが登場。バンドメンバーの AAAMYYY が現れたとき、歓声があり「嫉妬だわ(笑)」と話していた。Ryohu が 「あれでもやりますか」 と言って、「盟友、SIMI LAB!」と叫んだ。SIMI LAB を招き「Uncommon」をパフォーマンス。SIMI LAB のメンバーと Ryohu の相性がばっちり合い、見事なマイクリレーで会場を熱狂させた。

ryohu&simi lab.jpg
ryohu&similab.jpg

ダブルアンコールでは 河原太朗、AAAMYYY の2人が残り、「結局、このメンバーが残るよね」と話し、アカペラセッションで「Call Your Name」をパフォーマンスし、ライブを締めくくった。

ryohu1.jpg

 

 


Credits

Text:Toru Miyamoto

Photo:Kenji Agata