【これは知ってる!?】90年代に大ヒットし日本中から愛された名曲

いまから約20年前、90年代は日本の音楽業界が大変賑わっていた時代でもあります。ミリオンは当たり前、ダブルミリオンの楽曲も数多く誕生し、今もなお歌い継がれている名曲がたくさんあります!ということで今回は、90年代を生きた人なら誰でも聴いたことがある粒ぞろいの名曲を集めてみました。若い世代の方も、一度はテレビで聴いたことがあるかもしれませんね。是非この機会に90年代の音楽シーンの風を味わっていただければと思います!

まずは90年代前半!定番のジャパニーズポップ15選

今すぐKiss Me / LINDBERG

1990年発売のLINDBERG通算2枚目のシングル曲。61万枚以上のセールスを記録。ドラマ『世界で一番君が好き!』の主題歌にもなりました。タイトルにもなっている『今すぐKiss Me』というストレートな歌詞と、キャッチーなメロディが耳に残り続けます。


https://s.awa.fm/track/3028d23c27bf85719060/

愛は勝つ / KAN

1990年発売の恋愛応援ソングの定番曲。出だしから『心配ないからね 君の想いが 誰かにとどく明日がきっとある』という、力強いメッセージに多くの日本人が勇気づけられました。


https://s.awa.fm/track/621720aa1d04327e8c89/

浪漫飛行 / 米米CLUB

1990年発売の国民的ヒットナンバー。累計170万枚以上のセールスを記録。JAL沖縄のCMに起用され、旅をイメージされる方も多いかもしれません。誰かに会いに行くために旅に出る、そんな思いが込められた一曲です。


https://s.awa.fm/track/09d396fc2810d5d07b76/

おどるポンポコリン / E-girls

1990年発売の人気曲。累計160万枚以上のセールスを記録。ご紹介するのは、2014年にE-Girlsによってカバーされたバージョンです。時代を越えて愛されるアニメテーマソングの金字塔!


https://s.awa.fm/track/a25d93652c4a6b3ed217/

それが大事 / 大事MANブラザーズバンド

1991年発売の大事MANブラザーズバンドの代表曲。累計180万枚以上のセールスを記録。『負けない事・投げ出さない事・逃げ出さない事・信じ抜く事 駄目になりそうな時 それが一番大事 』誰もが一度は耳にしたことがあるこのメロディと歌詞。シンプルながらも心に突き刺さる応援ソングです。


https://s.awa.fm/track/19e71d10e5d08d719354/

ラブ・ストーリーは突然に / クリス・ハート

1991年発売の誰もが知るヒット曲。270万枚以上のダブルミリオンを記録。ドラマ主題歌として話題になりましたが、その後も多くのアーティストにカバーされています。ご紹介するのは、クリスハートによってカバーされたバージョン。伸びやかな歌声に歌詞がマッチしてますね!


https://s.awa.fm/track/3ab0068caf98d1262085/

どんなときも。 / 槇原敬之

1991年発売の槇原敬之の代表曲。累計180万枚以上のセールスを記録。『どんなときも どんなときも 僕が僕らしくあるために「好きなものは好き!」と言えるきもち抱きしめてたい』という歌詞が印象的。迷って自分を見失いそうになったときに聞きたいナンバーです。


https://s.awa.fm/track/b7a5b40e1eb39d868432/

悲しみは雪のように / 浜田省吾

1992年発売の浜田省吾の代表曲。実は1981年にオリジナルバージョンは発表されており、1992年発売のものはドラマ『愛という名のもとに』の主題歌としてリリースされたリメイク版。170万枚以上のセールスを記録。


https://s.awa.fm/track/704f22d440de013c4450/

君がいるだけで / 米米CLUB

1992年発売の国民的ヒットナンバー。累計280万枚以上の米米CLUB最大のヒット曲です。『たとえば君がいるだけで心が強くなれること 何より大切なものを気付かせてくれたね』はあまりにも有名なフレーズ。恋人や家族や友人、あなたはどんな“君”を思い浮かべて聞きますか?


https://s.awa.fm/track/c41e7737a22dfa747736/

あなただけ見つめてる / 大黒摩季

1993年発売の大黒摩季の6thシングル。アニメ『SLAM DUNK』の初代エンディングテーマとしても有名になりました。『あなただけ見つめてる』とサビからスタートする曲。大黒摩季の力強い歌声が印象的な一曲。


https://s.awa.fm/track/462f65ffbce24d94a580/

ロマンスの神様 / 広瀬香美

1993年発売の人気曲。累計170万枚以上のセールスを記録。明るくノリのよいポップなメロディに、したたかな女性の本音を歌詞にのせたこのナンバー。スキー用品店「アルペン」のCM曲として抜擢され大ヒットにつながりました。


https://s.awa.fm/track/2a4c6283a940659b2922/

innocent world / Mr.Children

1994年発売のMr.Childrenの代表曲。累計190万枚以上のセールスを記録。6thシングル「Tomorrow never knows」、10thシングル「名もなき詩」に次いで3番目に高い累計売上を記録。


https://s.awa.fm/track/302cd23724b881719060/

survival dAnce 〜no no cry more〜 / TRF

1994年発売のTRFの代表曲。初のミリオンシングルとなり、135万枚以上のセールスを記録。ドラマ『17才-at seventeen-』の主題歌にもなりました。ノリのいいダンスビートに、キャッチーな歌詞。カラオケの定番にならない訳がありません。今でもみんなで盛り上げるときには欠かせないナンバーです。


https://s.awa.fm/track/1b941d90131db9ce8073/

恋しさと せつなさと 心強さと / 篠原涼子 with t.komuro

1994年発売の街中でよくかかっていた流行曲。累計で200万枚以上のセールスを記録。アニメ映画『ストリートファイターII MOVIE』の挿入歌としても使われ、幅広い世代に愛される一曲に。篠原涼子もこの曲で一躍有名になりました。


https://s.awa.fm/track/19e71f16e4d18b719354/

続いて90年代後半!一度は聞いたことがあるヒット曲16選

Hello,Again~昔からある場所~ / My Little Lover

1995年発売のMy Little Loverの代表ナンバー。123万枚以上のセールスを記録。ドラマ『終らない夏』の主題歌として抜擢。「記憶の中で ずっと二人は 生きて行ける」はあまりにも美しい詩ですね。実は愛の詩ではなく故郷を出て夢を追う主人公の物語のようです。


https://s.awa.fm/track/52da9422fd0b0e604c34/

White Love / SPEED

1995年発売のSPEEDの5枚目のシングル。累計200万枚以上のセールスで、SPEED最大のヒット曲でもあります。冬の代表曲にもなったこの曲、今井絵理子と島袋寛子の二人の透き通った声が、冬の切なくも温かい恋の歌です。


https://s.awa.fm/track/bd20eec29c94988f6d35/

LOVE LOVE LOVE / DREAMS COME TRUE

1995年発売の恋愛ソングの定番曲。累計245万枚以上のダブルミリオンを記録。ドラマ『愛していると言ってくれ』の主題歌になり誰もが耳にすることになりました。7分30秒を超えて愛を叫ぶカラオケの定番曲でもあります。


https://s.awa.fm/track/18817e3a6139f45b5364/

WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント / H Jungle With t

1995年発売の国民的ヒットナンバー。210万枚以上のダブルミリオンを記録。ダウンタウンの浜田雅功と、音楽プロデューサーである小室哲哉のコラボレーションによって生まれたユニット。ダンスビートながら男性の日常を語った歌詞に多くの人が共感しましたね。


https://s.awa.fm/track/cccc4b1a5cd49a660c33/

HELLO / 福山雅治

1995年発売の誰もが知るヒット曲。187万枚以上のセールスを記録。2000年に発売した15thシングル「桜坂」に次ぐヒット作品です。ドラマ『最高の片想い』の主題歌にもなっており、福山雅治らしいストレートな歌詞と爽やかなメロディが多くの感動を呼びました。


https://s.awa.fm/track/fd11274d95896b632868/

花 -Mémento-Mori- / Mr.Children

1996年に発売されたMr.Childrenの11枚目のシングル。153万枚以上のセールスを記録。前作『名もなき詩』に続くミリオンヒットを飛ばし、ミスチルのJPOP界での圧倒的な人気を見せつけた一曲。ちなみに「Mémento-Mori」とは、ラテン語で「死を想え」という意味。


https://s.awa.fm/track/1c1cdf77abce71383377/

チェリー / スピッツ

1996年発売のスピッツ通算13作目のシングル。累計153万枚以上のセールスを記録。新たな旅立ちを表したこの一曲、ドラマやCMなどのタイアップがなかったにも関わらず、切ないメロディと素直な歌詞に多くの若者が共感し、大ヒットにつながりました。


https://s.awa.fm/track/36a44a0a2bc728d90874/

PRIDE / 今井美樹

1996年発売の今井美樹の12枚目のシングル。126万枚以上のセールスを記録。布袋寅泰が作詞曲を担当。「恋人を愛することが私のプライドだ」というメッセージが若い女性層に高い人気を集め、カラオケでの定番曲となりました。


https://s.awa.fm/track/b20fe79590be09335652/

STEADY / SPEED

1997年発売のSPEEDが一躍有名になったヒットナンバー。この頃メンバーは中学生でしたが、驚異の累計150万枚以上セールス。ドラマ「イタズラなKiss」主題歌にもなり、一気に人気グループに駆け上がりました。


https://s.awa.fm/track/8bd9a96e048939d4dc23/

ひだまりの詩 / Le Couple

1997年発売のテレビでもよく流れてた名曲。146万枚以上のセールスを記録。これまでヒット作に巡り合えていなかったLe Coupleですが、『ひだまりの詩』がドラマ『ひとつ屋根の下2』の挿入歌となり一躍ヒット。温かいメロディと歌詞が相まって茶の間に愛されるナンバーとなりました。


https://s.awa.fm/track/ff4a50d1c67d049ec994/

HOWEVER / GLAY

1997年発売のヒット曲。GLAY12作目のシングルで初のミリオンセールス。この後の作品も連続してミリオンを達成したことからも、GLAY時代を作るきっかけとなった1曲となりました。「絶え間なく注ぐ愛の名を」というサビの盛り上がりが、いつ聴いても心に響きます。


https://s.awa.fm/track/8f7a3a1dadfef76ce572/

誘惑 / GLAY

1998年発売のGALYの代表ナンバー。161万枚以上のセールスを記録。同時期に発売された『SOUL LOVE』と合わせて、300万枚を売り上げるなど、GLAY人気を世に知らしめるきっかけとなった一曲です。ハードなロックサウンドでカラオケで唄われる代表曲にも。


https://s.awa.fm/track/1b941f911e14bcce8073/

Time goes by / Every Little Thing

1998年発売のEvery Little Thingの代表曲。ELT最大の売上を記録した、8枚目のシングルです。ドラマ『甘い結婚』の主題歌になったほか、CMなどでも多く使われました。冒頭の『wow wow wow…』から切ないELTワールドに吸い込まれてしまいそうです。


https://s.awa.fm/track/59ccc467badce5781455/

長い間 / Kiroro

1998年発売のKiroroの代表曲。この曲でメジャーデビューをし、累計120万枚以上のセールスを記録しました。沖縄出身の二人組で、ピアノの金城綾乃、ボーカルの玉城千春がいつもにこやかに歌っているのが印象的です。付き合っている彼との結婚を待つ女の子の心境を描いた楽曲で、ピアノのメロディとその歌詞が心に残ります。


https://s.awa.fm/track/95fd4e24ee13e738ed09/

Automatic / 宇多田ヒカル

1998年発売の宇多田ヒカルのファーストシングル。当時15歳デビュー曲にして驚異の累計250万枚以上のセールスを記録。好きな相手に対する思いが堪らない様子や、無意識に感情が動かされてしまう様子を“Automatic”と表現しているようです。


https://s.awa.fm/track/62f94267db4f29c74862/

Addicted To You / 宇多田ヒカル

1999年発売の宇多田ヒカル4枚目のシングル。200万枚以上のセールスを記録。タイトルの『Addicted To You』は“あなたに首ったけ”という意味。10代にしてこんなに大人っぽいサウンドと歌詞を生み出せることに世の中は脱帽しました。今聞いてもかっこいいです。


https://s.awa.fm/track/8f793f12adfff36ce572/