【パワフル系?カワイイ系?】歌姫に夢中! 邦楽女性シンガー特集

「歌姫」「ディーバ」と聞けば、邦・洋さまざまな女性アーティストが思い浮かびますね。今回は、邦楽界でおなじみの「日本の歌姫」を一挙にご紹介しましょう。AWAで聴ける曲のなかから、歌姫と呼ぶにふさわしい女性アーティストの曲たちを集めてみました。可憐でキュートな歌姫も、パワフルで力強さを感じるカッコいい歌姫も、みんな魅力たっぷりですね。

邦楽女性シンガー名曲集・ベテラン歌姫編7選

Long Night / 渡辺 美里

10代でデビューし、30年以上のキャリアを誇る渡辺美里は「元祖・日本のディーバ」とも呼ぶべき存在。この曲ですがなんと彼女が19歳の時の歌声と知ると、そのパワフルさに圧倒される人も多いはず。また自ら作詞を務めており、作曲はあの岡村靖幸という豪華な制作陣にも驚きです。


https://s.awa.fm/track/3274134f856f82d26748/

TATTOO / 中森明菜

1980年代を代表する女性アイドル・中森明菜の21枚目のシングル曲。一生心に刻まれる真実の愛をタトゥー(刺青)にたとえ、浮ついた世の中に流されずに愛してほしいと強く願う女性を歌った曲は当時の彼女のキャラクターにも重なり、高い共感性をもって多くの人々に支持されました。デーモン閣下や倖田來未など、歌唱力に定評のある多くのシンガーがカヴァーしたことでも知られます。


https://s.awa.fm/track/98739f4e733bcb805b51/

奇跡を望むなら... / JUJU

デビューは2004年と遅咲きでしたが、10代のころからジャズを歌ってきた実力派歌姫・JUJU。2006年にリリースされたこの曲が有線放送のチャートでじわじわと話題を呼び、ロングヒットとなったことがブレイクのきっかけとなりました。彼女を代表する1曲ですが、さまざまな曲調のナンバーを声を使い分けながら歌いこなす魅力も、もちろん堪能できます。


https://s.awa.fm/track/229e9fe3cb8f06d85405/

シャナナ☆ / MINMI

MINMIは、元気をくれるエネルギッシュな歌声のR&Bシンガー。地元・大阪のクラブでレゲエを歌い始めたことをきっかけにして、2002年に遅咲きのデビューを飾りました。この曲は2007年にリリースされた彼女の代表曲で、南国ムードあふれるリズムが幅広い世代に支持されています。スポーツの応援シーンで使われる機会が多く、彼女自身がスポーツイベントで歌ったことも。


https://s.awa.fm/track/12de2bb230f3e40c7093/

evolution / 浜崎あゆみ

2000年代を代表する歌姫といえば、多くの人が浜崎あゆみの名を挙げるでしょう。この曲は沢尻エリカ主演、岡崎京子の名作劇画を映画化した『ヘルタースケルター』の主題歌になりました。「普通に暮らす女性たちも、みんな深い悩みや心の闇を抱えて生きている」という彼女が書く歌詞の強烈な世界観が、スピード感あふれるこの曲に凝縮されています。


https://s.awa.fm/track/905c94004467584c2539/

かたちあるもの / 柴咲コウ

女優ならではの表現力で、歌手としての活動でも高い評価を受けている柴咲コウ。その存在感と歌唱力で「歌姫」と呼ぶにふさわしい活躍を今も続けています。この曲は自身も出演した映画『世界の中心で、愛をさけぶ』のTVドラマ版の主題歌で、山田孝之と綾瀬はるかが演じた高校生カップルの哀しい青春物語に華を添えました。


https://s.awa.fm/track/36a74c0a26c12cd90874/

光 / 宇多田ヒカル

「平成の歌姫」といえばこの人、宇多田ヒカルの名前を挙げる人もたくさんいるはず。この曲は彼女の本名でもある「光」をそのままタイトルにした1曲。新たな活動を発表するたび大きな話題を呼ぶ彼女ですが、感受性が強く謙虚な一面も多くの人から愛される魅力。そんな彼女の繊細さが垣間見える歌詞にも、じっくり耳を傾けたい曲ですね。


https://s.awa.fm/track/b3f2fbaae93222099498/

邦楽女性シンガー名曲集・ヤング/中堅歌姫編8選

トリセツ / 西野 カナ

カラオケでみんなが歌った! といっても過言ではないほどおなじみになった、西野カナの代表曲。彼女もまた、平成後期を代表する歌姫の1人ですね。可愛らしい歌詞や優しく温かい歌声など数えきれないほどの魅力を備えた彼女ですが、歌詞の聞き取りやすさや音程の正確さなど基本的な歌唱力がとても高い点にも注目です。カラオケで歌うと意外に難しいこの曲を、笑顔でサラリと歌えるところはそんな実力の現れかもしれませんね。


https://s.awa.fm/track/ab337806ea5d8c59a869/

永遠 / BENI

沖縄出身の本格派シンガーBENIも、「歌姫」と呼ぶにふさわしい実力と華を兼ね備えた存在です。語学に堪能で才媛なイメージが強い彼女。代表曲であるこのラブバラードは、ブライダルシーンでも人気の高いウエディングソングです。


https://s.awa.fm/track/5fe29af7193df3bc7361/

HOLIDAYS / 木村カエラ

雑誌モデル出身で初期はタレントとして活動していましたが、徐々に歌手活動が増えていった異色の歌姫。この曲はJRAのCMソングとしておなじみで、1フレーズを聴くだけでワクワクしてくる楽しさいっぱいの曲調が、彼女の元気なイメージにぴったりですね。今もライブは大きなホールではなく、ファンとの距離が近いライブハウスを中心としているなど、親しみやすいキャラクターが魅力。


https://s.awa.fm/track/e7b6203e78b8c826c858/

そばにいるね feat.SoulJa / 青山テルマ

個性的で知性派なグローバル歌姫・青山テルマ。優しい歌声と温かみのあるメロディーラインで、冬の季節を彩ったこのヒット曲が今もお気に入りという方は多いでしょう。最近ではSNSやバラエティー番組での親しみやすいキャラクターが受けており、彼女の魅力を再認識する機会も増えましたね。


https://s.awa.fm/track/62fb4268d2462fc74862/

チョコレート / 家入レオ

繊細な歌声と清楚なキャラクターが魅力の歌姫・家入レオ。この曲は、好きな男の子にチョコを渡したいのに渡せない内気な少女を描いたバレンタイン・ソング。デビュー前に作った曲を、当時のボーカルのままシングルリリースしたというチャレンジングな1曲でもあります。


https://s.awa.fm/track/bc14917f1ff24f4ce886/

大切な君へ / 井上苑子

2015年に10代でデビューしたシンガーソングライター・井上苑子。2000年代はダンスミュージック系歌姫の時代でしたが、2010年代のトレンドであるフォークソング系歌姫の代表的存在ですね。メジャーデビューとなった初のミニアルバムの先行配信曲として世に出たこの曲はクチコミで話題となり、今では彼女の代表曲の1つとなっています。


https://s.awa.fm/track/6c6d06a7287342056d78/

Soup / 藤原さくら

2015年にデビューした藤原さくらは父親がかつてバンド活動をしていたという音楽一家に育ち、子供の頃からギターに親しんできた経歴を持っています。この曲は自身が新人シンガーの役を演じたTVドラマの主題歌としてヒットし、スープがおいしい寒い季節には欠かせない1曲となりました。同じ福岡県出身の家入レオや同世代アーティストである大原櫻子と親交が深く、3人による企画シングルを配信したことも。


https://s.awa.fm/track/cc34aa1afb9f45a98c12/

サンキュー。 / 大原 櫻子

芸能一家に育ち、シンガーのほか女優としても活躍する大原櫻子。ギターの弾き語りで歌うスタイルが印象的な、フォークソング系歌姫の1人です。ルックスと声はアイドル顔負けの可愛さですが、亀田誠治プロデュースの難易度の高い曲も歌いこなす実力も兼ね備えています。この曲はソロ名義でのデビュー曲にあたり、多くの人への感謝の思いをストレートに歌うピュアな曲調が印象的。


https://s.awa.fm/track/9f9faed2043b886d0927/