【70~90年代】日本人の心の支えになってきたオススメ懐メロソング

若い方にはまだ生まれていない時代の古き良き歌謡曲を知って欲しい!40代、50代の方にはあの頃を思い出して欲しい!そんな思いから、オススメの懐メロソングを集めてみました。70年代から80年代、80年代から90年代と時代を分けて紹介していますので、あなたのドハマりソングを探してみてくださいね♪

【70年代から80年代前半】ヒットした往年の懐メロソング15選

酒と泪と男と女 / 河島英五

1976年にリリースされた河島英五とホモ・サピエンスのデビューアルバム『人類』の収録曲。その後シングルカットされ大ヒットを飛ばしました。この曲も多くのアーティストにカバーされている往年の懐メロソングです。


https://s.awa.fm/track/5157ccdac18721e94010/

青い珊瑚礁 / 松田聖子

1980年発売の松田聖子2枚目のシングル曲。爽やかなメロディーに松田聖子の明るい歌声。懐メロの定番とも言える曲は日本中で大ヒットを飛ばしました。松田聖子の髪型を真似る若者が多くアイコン的な存在でもありました。


https://s.awa.fm/track/cdaa4619fcb5ff9a1f91/

センチメンタル・ジャーニー / 松本伊代

1981年発売の松本伊代のデビュー曲。「伊代はまだ16だから」という歌詞が当時のアイドルらしくていいですよね。この曲で翌1982年の第24回日本レコード大賞新人賞を受賞しています。


https://s.awa.fm/track/9f9faed2003a896d0927/

ルビーの指環 / 寺尾聰

1981年発売の寺尾聰の6枚目のシングル。かっこいいメロディラインと、寺尾聡の歌声のセクシーさがポイント。多くの女性が虜になりました。いま聞いても魅力的な歌声です。


https://s.awa.fm/track/cc36ab15f99f43a98c12/

サムデイ / 佐野元春

1981年に発売された佐野元春の大ヒットナンバー。サビに訪れる「サムデイ~」というところはつい口ずさんでしまう一節。カラオケ曲としても今でも人気が高いですよね。


https://s.awa.fm/track/b3f1fda7e83b25099498/

セーラー服と機関銃 / 薬師丸ひろ子

1982年発売の薬師丸ひろ子の代表曲。『セーラー服と機関銃』という同じタイトルの映画の主題歌にもなっていて、多くの国民が耳にしたナンバーです。今もなお、多くのアーティストがカバーしていて、社会現象としてヒットしたことを物語っています。


https://s.awa.fm/track/621720aa1d04307e8c89/

言葉にできない / Off Course

1982年リリースのオフコース23枚目のシングル。シンプルな歌詞に切ないメロディ、そして小田和正の心に染みわたる歌声。どれをとっても“素敵”としか言いようがない懐メロの代表曲。多くの日本人を勇気づけ、励ましてきた今なお色褪せないナンバーです。


https://s.awa.fm/track/02fa6ff0a172fe116666/

I LOVE YOU / 尾崎豊

いまやラブソングのお手本とも思えるこの『I LOVE YOU』。1983年発売のファースト・アルバム『十七歳の地図』の収録曲でしたが、1991年にシングルカット。その後も数多くのアーティストにカバーされ続けてきました。


https://s.awa.fm/track/3028d03927b585719060/

ワインレッドの心 / 安全地帯

1983年にリリースされた安全地帯のシングル。ワインレッドのような情熱的な歌詞と、玉置浩二のセクシーな歌声に多くの人が魅了されたこの一曲。今でもモノマネ番組でもよく登場しますよね。作詞は井上陽水です。


https://s.awa.fm/track/e7b5263a7fbbc726c858/

星空のディスタンス / THE ALFEE

1984年に発売された人気バンドTHE ALFEEの代表曲。力強いロックサウンドに、一人ひとりが個性豊かな歌声を持つバンドとして大流行しました。今もなお活躍する3人組として、同世代に勇気を与え続けてくれています。


https://s.awa.fm/track/1b05fec98a430e729e43/

フレンズ / REBECCA

1985年、日本テレビ系ドラマ『ハーフポテトな俺たち』のエンディングテーマとなりヒットを飛ばしました。その後、1999年には、フジテレビ系ドラマ『リップスティック』の主題歌としても人気が再燃。カラオケでも人気の懐メロロックです!


https://s.awa.fm/track/12de2bb23df3e10c7093/

ダンシング・ヒーロー / 荻野目洋子

1985年にリリースされた荻野目洋子の代表曲。原曲はアンジー・ゴールドの『Eat You Up』というディスコナンバーです。2017年に大阪府立登美丘高等学校ダンス部が用いたことで再燃しましたね。懐メロもこうやって脈々と愛され続けています。


https://s.awa.fm/track/b5bd4a7882b8f380a916/

なんてったってアイドル / 小泉今日子

1985年にリリースされたキョンキョンこと小泉今日子の代表曲。タイトル通り、可愛いアイドルらしい歌声で男性からも女性からも人気を博したナンバーです。作詞はあの秋元康。さすが、アイドルをプロデュースさせたら右に出るものはいませんね!


https://s.awa.fm/track/95fd4d29ed1def38ed09/

恋におちて / 小林明子

1985年発売の小林明子のデビューシングル。ドラマ「金曜日の妻たちへIII・恋におちて」の主題歌として大ヒットしたことで有名になりました。その後、オリコン1位を獲得し日本レコード大賞・新人賞を受賞しました。カラオケでもよく歌われる懐メロです。


https://s.awa.fm/track/229f9cedcf8106d85405/

翼の折れたエンジェル / 中村あゆみ

1985年発売の中村あゆみの大ヒットナンバー。ハスキーな歌声と力強いロックサウンドで人気になりました。今尚歌い継がれている、女性シンガーのロックナンバーです。


https://s.awa.fm/track/1b941d9f1612bece8073/

【80年代後半から90年代】ヒットした往年の懐メロソング15選

レイニーブルー / 徳永英明

1986年に発売された徳永英明のデビュー曲。ハスキーでハイトーンボイスな徳永英明の歌声は、セクシー&ロマンティックという言葉がピッタリ。雨の日に聴きたくなるバラードソングです。


https://s.awa.fm/track/7d5ba28096125d90c641/

My Revolution / 渡辺美里

小室哲哉の作曲ということでも有名な1986に発売された渡辺美里の4枚目のシングル。80年代後半から90年代にかけて日本音楽シーンを席巻する「小室サウンド」の原点は、この曲にあるようです。


https://s.awa.fm/track/229e9fe3cd8504d85405/

MARIONETTE / BOØWY

1987年に発売されたBOØWYの代表曲『Marionette』。作詞は氷室京介、作曲は布袋寅泰です。当時を知らない世代でもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。解散してしまいましたが、それぞれソロアーティストとしてもヒットメーカーになっていますね。


https://s.awa.fm/track/96b1cd6b6ce5694f3644/

ロンリー・チャップリン / 鈴木聖美 with Rats & Star

1987年発売のこの曲。デュエットソングとしても今なお人気がありますよね。姉の鈴木聖美と弟でラッツ&スターのリーダーである鈴木雅之の楽曲で。息のあった姉弟ハーモニーがとても美しいです。


https://s.awa.fm/track/17e9b95fe70c48b71703/

GET WILD / TM NETWORK

1987年発売のTM NETWORKの10枚目のシングル。テレビアニメ「シティーハンター」のエンディングテーマとしても人気を集めました。小室哲哉らしいサウンドに乗せて「GET WILD」というパワフルな空気を楽しめる一曲ですね。


https://s.awa.fm/track/744b478db06f34137424/

だいすき / 岡村靖幸

1988年に発売した岡村靖幸の8枚目のシングル。 岡村靖幸は、シンガーソングライターとしても、ダンサーとしても活躍する、マルチな才能を持つアーティスト。今もなお新しい音楽スタイルを生み出しており、2017年にもDAOKOとのコラボ曲「ステップアップLOVE」を発表。


https://s.awa.fm/track/02fa6ef4a97df6116666/

M / PRINCESS PRINCESS

1989年発売のPRINCESS PRINCESSの代表曲。別れた恋人を忘れられない女性を描いた、切ないラブバラード。「あなたの声 聞きたくて 消せないアドレス Mのページを 指でたどってるだけ So once again」という一節から、このタイトルに込めた『M』への想いが伝わってきます。


https://s.awa.fm/track/ff4a50d2c674089ec994/

大迷惑 / UNICORN

1989年発売ののユニコーン初シングル曲。社会や組織への不満や皮肉を、ポップなサウンドで表現した名曲です。ユニコーンの楽曲は、のちに多くのアーティストに影響を与えたことでも有名です。


https://s.awa.fm/track/b3f2f4a3e33a27099498/

未来予想図Ⅱ / DREAMS COME TRUE

1989年リリースのドリカムのお馴染みの一曲。女性が唄うカラオケ曲でもド定番といえるナンバーです。ブレーキランプ5回で「アイシテル」という表現に、多くの女性がキュンキュンしたことでしょう。いつの時代になっても聴き続けたいそんな名曲です。


https://s.awa.fm/track/c543a991deb72e31c975/

DIAMONDS / PRINCESS PRINCESS

PRINCESS PRINCESSは通称“プリプリ”。『Diamonds』はプリプリの1989年に発売されたナンバーです。ロック溢れるサウンドに奥居香の力強いボーカルが爽やかな一曲。


https://s.awa.fm/track/09d396ff2512d3d07b76/

愛は勝つ / KAN

1990年発売のKANの『愛は勝つ』。ピアノを弾きながら歌う姿は多くの人の目に焼き付いていることと思います。『心配ないからね 君の想いが 誰かにとどく明日がきっとある』というメッセージとキャッチーなメロディが印象的なナンバー。


https://s.awa.fm/track/621720aa1d04327e8c89/

どんなときも。 / 槇原敬之

1991年発売の言わずと知れた槇原敬之の名曲。理不尽なことがあっても悩んでも自分らしさを忘れないでいたい。好きなものは好きと言い続けたいと、夢を追いかける人たちの背中を押してれるナンバーですね。


https://s.awa.fm/track/b7a5b40e1eb39d868432/

今すぐKiss Me / LINDBERG

1990年発売のLINDBERG通算2枚目のシングル曲。61万枚以上のセールスを記録。ドラマ『世界で一番君が好き!』の主題歌にもなりました。タイトルにもなっている『今すぐKiss Me』というストレートな歌詞と、キャッチーなメロディが耳に残り続けます。


https://s.awa.fm/track/3028d23c27bf85719060/

それが大事 / 大事MANブラザーズバンド

1991年発売の大事MANブラザーズバンドの代表曲。累計180万枚以上のセールスを記録。『負けない事・投げ出さない事・逃げ出さない事・信じ抜く事 駄目になりそうな時 それが一番大事 』誰もが一度は耳にしたことがあるこのメロディと歌詞。シンプルながらも心に突き刺さる応援ソングです。


https://s.awa.fm/track/19e71d10e5d08d719354/

イージュー★ライダー / 奥田民生

1996年発売の奥田民生の代表曲。ギターコードではC、D、Eと数えていくので、業界用語で30を「イージュー(E10)」と呼ぶらしいです。このタイトルは、そんな言葉と、映画『イージー・ライダー』をかけたものだそう。ドライブにピッタリの爽快感溢れるナンバーです。


https://s.awa.fm/track/ff4a50d2c7770f9ec994/