【30代・40代におすすめ】小室哲哉の今も色あせない名曲集! 子供時代の思い出がよみがえる

平成初期に数々の名曲を生み出し、さまざまなアーティストのプロデュースを手掛けてきた天才音楽家「小室哲哉」。特に30代や40代の方であれば、小室プロデュースの作品で子ども時代を思い出す方も多いのではないでしょうか? そこで今回はAWAで聴ける作品の中から、小室哲哉プロデュースの名作を集めてみました! どの曲も魅力的な作品であり、音楽にあまり詳しくない方でも一度は耳にした曲が多いはず。小室ワールド全開な名曲たちを、一緒にチェックしていきましょう。

男性アーティストが歌う小室作品! カッコよさ全開の世界観を楽しめる7曲

WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~(TWO MILLION MIX) / H Jungle With t

「H Jungle With t」は、小室哲哉が浜田雅功(ダウンタウン)をプロデュースしたユニット。同ユニットはほかにも作品をリリースしましたが、中でも抜群の知名度を誇るのがこの作品です! サビで歌われる「Hey Hey Hey 時には起こせよムーブメント」というフレーズを聴いて、一気に思い出がよみがえる方もいるのではないでしょうか? メロディーが非常にキャッチーであり、今の時代に聴いても古さを感じさせない名曲です。


https://s.awa.fm/track/cccc4b1a5cd49a660c33/

GOING GOING HOME / H Jungle With t

上記の作品と同じく、「H Jungle With t」による陽気な楽曲。南国を感じさせるサウンドが特徴的であり、聴いていると楽しい気分にさせてくれる作品です! その一方で歌詞で描かれているのは、夏を舞台にした切ない恋愛ストーリー。無理に飾らない歌声や歌詞が心に響く1曲であり、何となくほっとできるような安心感があります。


https://s.awa.fm/track/52da9022f70902604c34/

Get Wild / TM NETWORK

TM NETWORKと言えば、「小室・宇都宮・木根」の3人で1980年代に結成されたバンド。彼らの代表作と聴いて、真っ先にこの曲を思い浮かべる方は多いことでしょう。まさに小室ワールドが全開な作品であり、懐かしさと最先端の音楽が融合したような、不思議な魅力を感じられる1曲です! また、幅広い層から抜群の知名度を誇り、全体的に音程も高くないので、男性のカラオケ曲としてもぜひおすすめです。


https://s.awa.fm/track/744b478db06f34137424/

CAN YOU CELEBRATE? / 德永英明

「CAN YOU CELEBRATE?」と聴けば、女性アーティストの安室奈美恵をイメージする方は多いことでしょう。この曲は、まさにその作品を德永英明がカバーしたものであり、本家とはまた違った魅力が表現されています! 特に印象的なのは、低音がしっかりと響く優しさに満ちた歌声。2007年にリリースされた「VOCALIST 3」に収録されているので、気になる方はぜひチェックしてみましょう。


https://s.awa.fm/track/948a47a0c374cac9ee19/

タメイキ / 藤井 隆

小室哲哉がプロデュースした作品を、芸人の藤井隆が歌い上げている作品。本来の藤井隆のイメージとは異なり、切なくやや暗い1曲に仕上げられており、彼の新しい魅力に気付けるような1曲です! 歌詞中で綴られているのは、「世界の平和」について。壮大なテーマですが、深く考えさせられる作品なので、各フレーズの意味をしっかりと理解しながら聴いてみて下さい。


https://s.awa.fm/track/17eab951e60749b71703/

眠らないラブソング / 森 進一

小室哲哉がプロデュースする作品の中に、演歌があることをご存じでしょうか? 2010年にリリースされた森進一のこの作品は、作詞・作曲をなんと小室哲哉が務めており、曲調や歌詞もまさに演歌そのもの。演歌としては非常に聴きやすく、歌詞も時代錯誤を感じさせない内容なので、若年層の方が聴いても違和感がない作品でしょう! テクノ要素が入ったポップから演歌まで、幅広いセンスを見せつける小室哲哉の才能には驚かされます。


https://s.awa.fm/track/b8e3ec864cd6be844567/

Carry On / 小室哲哉

作曲を小室哲哉が務め、自身がシンガーとして歌声を披露している作品です。彼のプロデュースをする作品は知っていても、「小室さんの歌声は知らない…」という方は多いはず。全体的に静かな曲ですが、味のある声でアクセントがつけられており、小室哲哉ならではの表現を楽しませてくれます! 彼の新たな魅力に気付ける1曲なので、興味のある方はぜひ聴いてみましょう。


https://s.awa.fm/track/bc14907a1afc4c4ce886/

女性アーティストが歌う小室作品! メロディーと歌詞が心に響く7曲

DEPARTURES(RADIO EDIT) / globe

1996年にリリースされた、globeの作品の中でも高い知名度を誇る作品。女性視点から恋人へのストレートな想いが綴られた1曲であり、きれいに歌い上げるKEIKOの声が耳に残ります! 小室作品は女性アーティストが歌うと、一気に切なさや優しさが増す点が魅力的なポイント。こちらの作品もKEIKOの声が切なく、心が締め付けられるような感覚になります。


https://s.awa.fm/track/5fe29af0193ef2bc7361/

恋しさと せつなさと 心強さと / 篠原涼子 with t.komuro

「恋しさと せつなさと 心強さと」のサビから始まる、インパクトが抜群な楽曲。一度聴けば簡単に覚えられるほどキャッチーなサビであり、篠原涼子の伸びが良い歌声も魅力的です! サビのメロディーからは切なさや情熱が感じられますが、Aメロに入ると一転優しい雰囲気になるなど、面白い曲構成も意識しておきたいポイント。特に30代から40代が集まる場では、カラオケ曲として選んでも盛り上がりやすいでしょう。


https://s.awa.fm/track/19e71f16e4d18b719354/

CRAZY GONNA CRAZY / TRF

1995年の元日にリリースされた、TRFの代表曲のひとつ。特に「CRAZY GONNA CRAZY」から始まるサビが耳に残る、テンションを高めてくれるダンスミュージックです! 全体的にノリノリな作品ですが、その中にもちょっとした切なさを感じさせる点は、小室哲哉ならではの世界観。途中で歌われるラップ部分など、サビ以外にも魅力が詰まった作品なので、興味のある方はぜひ曲全体を聴いてみましょう。


https://s.awa.fm/track/ff4a51d7cf70099ec994/

I'm proud (2013 Orchestra Ver.) / 華原朋美

華原朋美の大ヒット曲で、恋人の大切さが歌われている作品。切なさの中に温もりも感じられる曲であり、ドラマチックなメロディーやサウンドが印象的です! また、小室哲哉が作り出した世界観と、華原朋美の情熱的な歌声が見事にマッチした1曲。平成初期ならではの雰囲気も漂った、どこか懐かしさを感じさせる楽曲でしょう。


https://s.awa.fm/track/704f23d346d8003c4450/

by myself / hitomi

1996年にリリースされた、hitomiのシングル作品。平成初期の懐かしい雰囲気が漂っている曲であり、聴いていると落ち着いた気持ちにさせてくれます! メロディーの起伏が少ない曲ですが、だからこそhitomiの歌声が目立っており、彼女の歌唱力・表現力を実感できる1曲です。アーティストの魅力を最大限に引き出す点も、小室哲哉の大きな魅力と言えるでしょう。


https://s.awa.fm/track/22ccca9a6410dde69595/

MOONLIGHT SHADOW -月に吠えろ- / 中森明菜

中森明菜と言えば、1980年代から活躍しているセクシーな歌声が魅力的な女性シンガー。華原朋美やhitomiとはまた違った、大人の雰囲気を漂わせているアーティストです! 彼女のそんな魅力はこの作品にも表れており、さまざまなシンガーに最適な作品を作る、小室哲哉のセンスの高さに驚かされます。


https://s.awa.fm/track/02fa6ff7a17ef8116666/

BE TOGETHER / 鈴木亜美

「Be together Be together 今夜は」のフレーズが有名な、ダンスミュージックに近い作品。電子音が多く使用された曲であり、絶妙な軽さがクセになります! 非常に分かりやすいサビなので、カラオケで盛り上がりたい時にもおすすめしたい1曲。歌詞に英語が含まれた曲ですが、比較的簡単なワードが使用されているため、英語が苦手な方でも十分に歌いこなせるでしょう。


https://s.awa.fm/track/cc34a818f29f40a98c12/

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります