【あの感動をもう1度!】高校野球でよく聴く、応援ソング特集

高校野球がテレビで放映されるシーズンになれば、ついテレビに釘付けになってしまう方は多いはず。各出場校の個性や特徴を、じっくり観察して楽しみながら見ているという方も少なくないかもしれませんね。そんな方におすすめなのが、スタンドの応援席で使われている応援歌の数々を聴き比べること。「こんな曲も使っているんだ!」と、新鮮な驚きがあること間違いなしです。そこで今回は、AWAで聴ける曲のなかから「高校野球の応援ソング」を集めてみました。

高校野球の応援ソング特集・邦楽編11選

男の勲章 / 嶋大輔

熱さ、やさしさ、頼れる強さ……。男の子たちがあこがれる、すべての要素を詰め込んだような直球のカッコよさ満点の1曲。高校野球の熱いシーンにも、もちろんベストマッチですね。最近は昭和のバンカラ高校を舞台にした学園ドラマの主題歌にもなり(こちらは出演者によるカヴァー曲)、これからも応援歌として使う出場校がどんどん増えそう。


https://s.awa.fm/track/948a4cadc67cc5c9ee19/

行くぜっ!怪盗少女 / ももいろクローバー

イントロのラップを聴くだけで身体が動いてしまいそうな元気ナンバーは、やっぱり高校野球でも人気の応援ソング。吹奏楽でもリズムを利かせてカッコよく演奏できる曲調ですから、多くの場面で聴かれることも納得ですね。応援席でサビのメロディーに合わせて大きく声を出せば、試合のスリリングな展開にも華を添えてくれそう。


https://s.awa.fm/track/17c0785855712ffb0620/

じょいふる / いきものがかり

こちらも、ブラスバンドのアレンジがぴったりハマる曲ですね。サビのメロディーには替え歌の語呂も合わせやすいので、出場校名を入れて気持ち良くシャウトできるはず。曲を聴くだけで、これまでの高校野球の名シーンが頭に浮かんでくるという人も多いのでは。


https://s.awa.fm/track/b3f1fda5e33724099498/

北の国から-遙かなる大地より~螢のテーマ / さだまさし

全国47都道府県から代表校が集まる全国高校野球選手権では、各都道府県のご当地ソングも応援歌には欠かせません。その中でもひときわ耳に残るのが、北海道勢が出場すると必ず流れるこの曲をマーチ風にアレンジした応援歌でしょう。実は、プロ野球界でもこの曲はおなじみ。やはり北海道をホームとする、北海道日本ハムファイターズのチャンステーマとして札幌ドームでガンガン歌われていますよ。


https://s.awa.fm/track/22c8c89d6016dde69595/

残酷な天使のテーゼ / 高橋洋子

こちらもサビのインパクトの強さや曲自体の人気からか、高校野球の応援シーンには欠かせない1曲になりました。初出場校が強豪校と対戦するときなどにこの応援歌が流れると、『エヴァンゲリオン』の使徒との対決シーンが自然と頭に浮かんできてしまいますね。逃げちゃダメだ!


https://s.awa.fm/track/bd20edc29b95998f6d35/

夏祭り / ジッタリン・ジン

熱く盛り上がる夏の高校野球をさらに盛り上げる、風物詩のようになった応援歌の定番曲。特に若い世代の方なら、この曲を高校野球で知って調べてから原曲を初めて聴いたという方も多いかもしれません。吹奏楽経験者なら短期間の練習で演奏できるようになるという、サビのメロディーの易しさとインパクトの強さも多くの出場校で使われている要因かも。


https://s.awa.fm/track/35637b0851da0376e238/

サウスポー / ピンク・レディー

40年以上前のヒットナンバーですが、高校野球応援では今も定番中の定番。それもそのはず、曲自体が野球の緊迫した1シーンをモチーフにしているので、一進一退の攻防を繰り広げるスリリングな局面にはばっちりハマります。投手と打者の心理戦を恋の駆け引きにたとえた曲の世界観もとてもカッコいいので、原曲もぜひ聴き込んでみて。


https://s.awa.fm/track/b3f2fcabe43120099498/

すきすきソング / でんぱ組.inc

昭和の名作アニメ『ひみつのアッコちゃん』のエンディングテーマを、でんぱ組.incが可愛らしくカヴァーしたノリノリのチューン。アッコちゃんのテーマとしての知名度が高かった頃から、長らく応援歌としてさまざまなシーンに使われていました。高校野球でおなじみなだけでなく、プロ野球やJリーグなどファンが応援に参加する競技ではとてもよく使われている曲。


https://s.awa.fm/track/96b1c8606ce56d4f3644/

タッチ / 岩崎良美

もはや説明する必要はないのではというほど、高校野球といえばこの曲を反射的に連想する方が多いのではないかと思われます。こちらも説明不要かもしれませんが、双子の兄弟が甲子園をめざす名作アニメ『タッチ』の主題歌として多くの人に親しまれているスタンダードな野球ソングですね。曲そのものはかなり懐かしいのですが、高校野球で応援歌として聴くとまったく懐かしくなく感じるほどシーンになじんでいます。


https://s.awa.fm/track/17e9bc5ae30649b71703/

紅 (シングル・ロングヴァージョン) / X

こちらも高校野球シーズンなら、テレビで1度も聴かない日はないのではというほど応援歌としてなじんでいる1曲ですね。なぜこの曲がこんなに定番に……? と思う方も多いでしょうが、実は夏の甲子園の優勝旗の色が「深紅」であることにちなみ、それにあやかって応援歌として人気になったという説が濃厚だそう。プロ野球・広島カープでもかつて応援歌として使用されていたという経緯もあり、たしかにどちらも「紅」……。


https://s.awa.fm/track/9f9da6de04328b6d0927/

どかーん / 真心ブラザーズ

こちらもかなり懐かしい曲ですが、高校野球の応援歌としては今も現役中の現役。以前放映していたニュース番組のスポーツコーナーで、その日のプロ野球を1分間でダイジェストにする企画があり、そこで毎日流れていたことで野球とのイメージの結びつきが強くなったといわれています。


https://s.awa.fm/track/814cac409d6cc8156115/

高校野球の応援ソング特集・洋楽/クラシック編6選

アルプス一万尺 / ビクターオーケストラ

もとはアメリカ民謡であるこの曲も、お父さんたちの世代からずっと高校野球の応援歌として使われています。寒そうなアルプスの歌がなぜ野球に……? と思うかもしれませんが、甲子園球場のスタンド席が「アルプススタンド」と呼ばれていることはご存知かもしれませんね。つまり、アルプススタンドまで届くような強打を放ってほしいということで応援歌になったのかも。


https://s.awa.fm/track/17e9b95ce20c49b71703/

We Will Rock You (Remastered) / QUEEN

もはや高校野球に限らず、多くのスポーツシーンで世界的に愛され続けている応援ソングの決定版ですね。曲の歌詞も「おまえをみんなで応援するぞ!」という内容になっていて、逆境でも心を奮い立たせて一発逆転をめざしたいというシチュエーションにはぴったり。一緒に口ずさんだり、歌を知らなくてもすぐ手拍子でみんなと盛り上がったりできる曲調もベストマッチです。


https://s.awa.fm/track/db877679510ce69a0937/

Y.M.C.A. / Village People

40年以上前のヒット曲ですが、さまざまな応援シーンで使われ続けている1曲。西城秀樹のカヴァー『YOUNG MAN』として知られていますが、こちらの原曲の歌詞もほぼ秀樹バージョンと同じ。「夢は必ずかなう」「落ち込んでいないで元気を出せよ」というフレーズが随所に盛り込まれ、がんばっている若者に勇気を与える内容になっています。


https://s.awa.fm/track/9f9fafd203338c6d0927/

Overture / Andrew Lloyd Webber

ミュージカル『オペラ座の怪人』のなかの1曲として、あまりにも有名ですね。これを高校野球の応援で使おうというアイデアを出した方には座布団を1枚プレゼントしたくなります。強打者が打席に入るときに「すごいやつが来るぞ!」感を醸し出すには最適の曲ですよね。


https://s.awa.fm/track/5a85aa955488a6c8f114/

クシコス・ポスト / コロムビア・マーチ・オーケストラ

運動会のBGMなどでもよく使われる曲ですが、かつてある高校野球の強豪校が、2番打者(おもに俊足の選手が入る打順)の打席で使ったことをきっかけに応援歌として広まったといわれています。郵便配達の馬車をテーマにしたスピード感ある曲だけに、たしかに「走れ、走れ!」というシーンにはハマりますね。


https://s.awa.fm/track/8f7a391eadfef66ce572/

The Greatest Show / Hugh Jackman/Keala Settle/Zac Efron/Zendaya/The Greatest Showman Ensemble

映画『グレイテスト・ショーマン』で使われていた、最新のヒット曲。高校野球と吹奏楽、ともにトップレベルの名門である大阪桐蔭高校の応援で、2018年春の甲子園から早くも使われました。強豪校が使った応援歌は定番曲となっていく確率がかなり高いので、この曲も今後たくさんの出場校が大阪桐蔭の強さにあやかって使い始めるかも。


https://s.awa.fm/track/778398d8e897b9030087/