【名フレーズ】スピッツの歌詞に惹きつけられる名曲まとめ! 歌詞が魅力的な15作品を楽しもう

スピッツと言えば「ロビンソン」や「チェリー」など、これまで数々の名曲を生み出しているバンドグループ。1991年にメジャーデビューをして以来、独特の淡いメロディーや爽やかな歌詞でヒット曲を連発しているため、今では幅広い世代から愛されています。そこで今回はAWAで聴ける楽曲の中から、名フレーズが使用された作品をまとめてみました! この記事を最後まで読めば、スピッツならではの世界観を実感できるはず。ぜひ最後まで読み進めていきましょう!

感動的なフレーズ! 歌詞で心を温めてくれるスピッツの名曲集

スターゲイザー / スピッツ

大切な人への愛情が、シンプルな言葉で綴られている作品。全体の雰囲気としてはやや明るい曲ですが、歌詞やメロディーからは切なさも少し感じられる作品であり、スピッツ独特の世界観が作られています! 中でも耳に残りやすいフレーズは、Aメロで使用されている「明日 君がいなきゃ 困る 困る」という部分。素朴な言葉が使用されていて分かりやすい歌詞なので、大切な人にラブソングとして贈ってみても良いでしょう。


https://s.awa.fm/track/621426af1704327e8c89/

空も飛べるはず / スピッツ

「君と出会った奇跡が この胸にあふれてる」のフレーズで有名な、温かみを感じられる名曲。メロディーやサウンドに優しさが満ちあふれている作品であり、ただ聴き流すだけでも心を温めてくれます! サビの歌詞はシンプルですが、AメロからBメロのフレーズは歌詞表現に工夫が見られ、やや理解が難しいポイント。想像をかきたてられる要素もあるので、一度歌詞をじっくりと読んでみてはいかがでしょうか?


https://s.awa.fm/track/ab307c02e45e8d59a869/

チェリー / スピッツ

春を感じさせる淡いメロディーと、ボーカルの透き通るような声が耳に残る1曲。温かみを感じられる作品ですが、歌い出しで「君を忘れない」とあるように、実は失恋をイメージさせるようなフレーズがいくつか見られます。失恋と言えば悲しいものですが、ポジティブな表現やメロディーによって、その悲しさを感じさせない点がこの曲の魅力。例えば「失恋からなかなか立ち直れない…」のように悩んでいる方が聴くと、気持ちを上向きにさせてくれるでしょう。


https://s.awa.fm/track/36a44a0a2bc728d90874/

運命の人 / スピッツ

1997年にリリースされた、爽やかなメロディーが印象的な作品。全体的にキャッチーなメロディー・サウンドが使用されており、90年代ならではの懐かしさを感じさせてくれます! 歌詞中で描かれているのは、運命の人と出会った主人公が、ポジティブに未来を考えている姿。情熱的な愛情が伝わる1曲でもあるので、大切なパートナーにラブソングとして贈ることもおすすめです。


https://s.awa.fm/track/6c6e01a0297141056d78/

魔法のコトバ / スピッツ

「あふれそうな気持ち 無理やりかくして」と、片思いのような淡いストーリーが綴られている作品。タイトルの「魔法のコトバ」については、歌詞中にどんな言葉なのかが分かるフレーズはありませんが、だからこそ想像をかき立ててくれる魅力があります! 主人公の心情やストーリーを想像しやすい歌詞なので、「魔法のコトバが何なのか?」を想像しながら聴くことがおすすめ。メロディーも優しい雰囲気に満ちあふれているため、心を温めてくれる1曲です。


https://s.awa.fm/track/09d091f22d12d1d07b76/

涙がキラリ☆ / スピッツ

1995年にリリースされた、12枚目のシングル作品。ゆったりとしたリズムに、心がほっとするようなメロディーが乗せられており、スピッツならではの魅力が詰まっている1曲です! 歌詞では幸せな恋愛ストーリーが描かれており、サビの「同じ涙がキラリ」というフレーズに聴き覚えがある方も多いはず。「星」や「夏の景色」など、美しい風景をイメージさせる表現が多いので、ロマンチックな雰囲気も演出しやすい楽曲でしょう。


https://s.awa.fm/track/1b971b971e12bece8073/

夢じゃない / スピッツ

メロディーと歌詞によって、優しい世界観が作り出されている作品。幸せな夢を見た主人公が、大切な人が近くにいればそれは「夢じゃない」「孤りじゃない」と悟り、「いびつな力で 守りたい」と決意する温かいストーリーが描かれています。温もりにあふれたメロディーと歌詞は、まさにラブソングにぴったり。大切なパートナーに気持ちを伝えたい方は、この楽曲を贈ってみてはいかがでしょうか?


https://s.awa.fm/track/1c1bda7ea5cc71383377/

渚 / スピッツ

渚を舞台として、主人公が恋に落ちていくストーリーが描かれた楽曲。渚で気になる人と過ごす主人公が、幸せを感じながら「幻よ 醒めないで」と願っているなど、ストーリー性が分かりやすい構成になっています! また、歌詞を意識しながら聴くと、頭の中できれいな砂浜や海がイメージできる点も、この作品の大きな魅力。言葉選びや言い回しが美しいので、ぜひ歌詞を細かくチェックしてみて下さい。


https://s.awa.fm/track/c543aa97d3b32831c975/

爽やかさ、鮮やかさが魅力的! 歌詞で心をスッキリとさせてくれるスピッツの名曲集

ロビンソン / スピッツ

「壮大で、爽やかな曲が聴きたい」という方におすすめな、1995年リリースの名曲。素朴で少し切ないサウンドに、美しさを感じさせる歌詞が乗せられている作品です! 恋愛をイメージさせる歌詞ですが、特に耳に残るのはサビの最後で歌われる「ルララ 宇宙の風に乗る」の部分。ほかにも、スピッツならではの独特な表現が使われており、サビで盛り上がるドラマチックな曲構成も相まって、壮大な世界観が作り出されています。


https://s.awa.fm/track/8f793e1badf8f56ce572/

春の歌 / スピッツ

メロディーと歌詞の両方から、春の雰囲気を存分に感じられる1曲。「まさに春の歌」と言えるぐらい爽やかであり、「トゲのある藪」や「長いトンネル」など、風景を描写するフレーズが多い点も魅力的な作品です! また、単に春を歌っている曲ではなく、主人公の切ない失恋をイメージさせてくれる点も面白いポイント。頭の中で歌詞をイメージしながら聴くと、さらなる魅力に気付けるような楽曲です。


https://s.awa.fm/track/cda9411efdb1fb9a1f91/

遥か / スピッツ

歌詞からは少し切ない雰囲気が伝わってくるものの、聴いていると心地よい感覚に浸れるような作品です。歌詞にはややネガティブな表現もありますが、サビで歌われる「すぐに飛べそうな気がした背中」のように、ポジティブで壮大さを感じさせるフレーズも少なくありません! 人によって解釈が少し変わるような歌詞ですが、全体を通してサウンドや歌声が優しいので、疲れている時に聴くと心をフッと軽くしてくれるような1曲でしょう。


https://s.awa.fm/track/9b18bffc280b8c188f84/

さわって・変わって / スピッツ

福岡県の地下鉄駅である、天神駅を舞台とした恋愛ストーリーが綴られている作品。歌詞には「花」や「春」、「優しい風」など爽やかなワードが使用されていますが、細かく見ると大人の恋愛観のようなフレーズがいくつかあり、妖艶さも感じられる楽曲に仕上げられています! ドロドロとした物語ではないものの、大人の世界観を爽やかなメロディー・歌詞で表現してしまう点は、スピッツならではの魅力。歌詞を細かく読むことで印象がガラっと変わる作品なので、ぜひ様々なフレーズに目を向けてみて下さい。


https://s.awa.fm/track/bc17967b12f24a4ce886/

水色の街 / スピッツ

大切な人が住む「水色の街」に向かう、爽やかな恋愛ストーリーが描かれている楽曲。歌詞ではプレゼントを持った主人公が、飛び跳ねながら相手のもとへと向かう、心温まるストーリーが綴られています! メロディー・歌詞ともに非常にシンプルな曲ですが、だからこそ風景を頭の中でイメージしやすく、物語に入り込みやすい作品でしょう。特に片思いをしている人などが聴くと、主人公の心情や行動に強く共感できるはずです。


https://s.awa.fm/track/c16fc385d762ded4f888/

青い車 / スピッツ

各楽器が作り出す軽快なサウンドと、ボーカルの透き通った声がクセになる1曲。「海へ行こう」や「見に行こう」など、主人公のこれからの願望が詰まっている作品であり、淡いラブストーリーのような物語が綴られています! メロディーや歌詞には夏の雰囲気が満ちあふれており、目を閉じて聴くと青い海や空など、鮮やかな光景が自然とイメージできる1曲。真夏のドライブなどでかけると、気分を一気に高めてくれるでしょう!


https://s.awa.fm/track/b5df9211a875c5171e70/

ハネモノ / スピッツ

透明感のあるメロディーや、心にスッと入ってくるような歌詞が魅力的な楽曲。歌詞に「星」や「羽」などきれいな言葉が使われており、少しロマンチックな雰囲気も漂わせている1曲です! シンプルなワードが多い歌詞ですが、各フレーズをひとつずつ細かく見ていくと、まるで人生の縮図のような歌詞になっている点が魅力的。解釈が少し難しい曲ですが、自身の人生に当てはめながら聴いてみると、深く考えさせられるような作品でしょう。


https://s.awa.fm/track/778398dde993b5030087/

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります