Interview

踊Foot WorksがAWAでプレイリスト『ODD LIFE STYLE』を公開。「少しでも光を当ててくれって思いで、アルバム名は「GOKOH(後光)」にしました」

踊Foot WorksがAWAでプレイリスト『ODD LIFE STYLE』を公開。「少しでも光を当ててくれって思いで、アルバム名は「GOKOH(後光)」にしました」

踊Foot Works(オドフットワークス)がAWAでプレイリスト『ODD LIFE STYLE』を公開した。

踊Foot Worksは、Pecori(rap)、Tondenhey(guitar)、Fanamo'(chorus)の3人で2016年12月に始動。2017年3月に全曲オリジナルトラックからなる「ODD FOOT WORKS」をシェアし、耳の早いリスナーのみならず多くのアーティストからも注目を集める。2017年5月の初ライブを経てサポートメンバーだったSunBalkan(bass)が正式加入した。2018年4月には1stアルバム「odd foot works」をリリースし、2019年4月24日に2ndアルバム「GOKOH」をリリースした。今回、踊Foot WorksにAWAでプレイリストを作ってもらい、2nsアルバム「GOKOH」について、すこし話を聞いた。…

Dos MonosがAWAでプレイリスト『ドスシティの住人』を公開。「メインを侵食していくバグでありたい」

Dos MonosがAWAでプレイリスト『ドスシティの住人』を公開。「メインを侵食していくバグでありたい」

Dos Monos(ドス・モノス)がAWAでプレイリスト『ドスシティの住人』を公開した。

Dos Monosは1993年生まれの 荘子it(ラッパー/トラックメーカー)、TAITAN MAN(ラッパー)、没(ラッパー/DJ)の3人からなるヒップホップユニット。2017年に初の海外ライブをソウルで成功させ、その後はSUMMER SONIC ‘17などに出演。2018年にはLAのレーベルDeathbomb Arcとの契約も発表し、フランスのフェスLa Magnifique Societyなどにも出演し、2019年3月にデビューアルバム『Dos City』をリリースした。このアルバムはフリージャズやプログレなどからインスパイアされたビートに加えて、3MCのズレを強調したグルーヴが魅力となっている。今回、AWAでプレイリストを作ってもらい、荘子itとTAITAN MANのふたりに話を聞いた。…

T字路sがAWAでプレイリスト『T字路s' favourites』を公開。「自分たちの音楽に影響を与えているのではないかなって曲を選びました」

T字路sがAWAでプレイリスト『T字路s' favourites』を公開。「自分たちの音楽に影響を与えているのではないかなって曲を選びました」

T字路s(ティージロス)がAWAでプレイリスト『T字路s' favourites』を公開した。

T字路sは2010年5月に結成された伊東妙子(Gt,Vo)と篠田智仁(Ba / COOL WISE MAN)によるギターヴォーカル、ベースのデュオ。2016年 映画「下衆の愛」に主題歌“はきだめの愛”を書き下ろし提供、映画と共に話題を集める。2017年初のオリジナル・フルアルバム「T字路s」をリリース。 同年開催されたフジロックフェスティバルなど多くのイベントに出演。また、NHK Eテレ「シャキーン!」へ楽曲、演奏、歌唱の提供や、2018年の夏にそごう・西武で開催された「お買い物ブギWEEKS」のスペシャルサポーターを務め、笠置シヅ子の“買物ブギー”の歌詞をアレンジしてカバーした“買い物ブギ ~西武・そごう 2018ver.~”が話題になるなど幅広く支持される活動を続けている。2019年1月には2ndアルバム「PIT VIPER BLUES」をリリース、2019年3月20日に配信開始。それに合わせ、2015年にリリースしたカバーアルバム「Tの讃歌」、2017年にリリースした1stアルバム「T字路s」も配信開始となった。そして、AWAではT字路sにプレイリスト『T字路s' favourites』を作ってもらった。…

iriがAWAでプレイリスト『ドライブで聴きたい曲』を公開。「夜、ドライブするときに持っていきたいプレイリストになったかなって思います」

iriがAWAでプレイリスト『ドライブで聴きたい曲』を公開。「夜、ドライブするときに持っていきたいプレイリストになったかなって思います」

iri(イリ)がAWAでプレイリスト『ドライブで聴きたい曲』を公開した。

iriは1994年生まれの神奈川県逗子市に在住のシンガーソングライター。自宅にあった母のアコースティックギターを独学で学び、アルバイト先の老舗ジャズバーで弾き語りのライブ活動を始める。ヒップホップ的なリリックとソウルフルでリヴァービーな歌声で、ジャンルレスな音楽を展開し、多方面から注目されている新進女性アーティストである。2019年3月には3rdアルバム「Shade」をリリースしたばかり。このアルバムはiriの影のある部分を表現した作品らしい。そのことについて、iriはこう話す。…

グラフィックデザイナーのTEITOがAWAでプレイリストを公開。「自分にとってグラフィックデザインは仕事で、絵は自己表現」

グラフィックデザイナーのTEITOがAWAでプレイリストを公開。「自分にとってグラフィックデザインは仕事で、絵は自己表現」

グラフィックデザイナーのTEITO(テイト)がAWAでプレイリスト『AT MIDNIGHT』を公開した。このプレイリストはTEITOが実際に選曲をし、ジャケットは今回のためにデザインしたもの。

TEITOは1993年生まれ。文化服装学院に入学後、グラフィックデザインを始め、2016年にブランド「LOOPY HOTEL(ルーピー ホテル)」を始める。2018年には初個展「NO ONE KNOWS ME」を開催し、2019年に、LOOPY HOTELを休止させ、新たなプロジェクト「BOTT(ボット)」をスタートさせた。そんなTEITOにAWAでプレイリストを作ってもらい、話を聞いた。…

中村佳穂がAWAでプレイリスト『「AINOU」制作時に聴いてた曲』を公開。「2ndアルバムを作るときには、自然と聴く音楽も変わっていった」

中村佳穂がAWAでプレイリスト『「AINOU」制作時に聴いてた曲』を公開。「2ndアルバムを作るときには、自然と聴く音楽も変わっていった」

中村佳穂(なかむらかほ)がAWAでプレイリスト『「AINOU」制作時に聴いてた曲』を公開した。

中村佳穂は京都出身、京都在住の92年生まれのミュージシャン。彼女は大学在学中の20歳のとき、京都のライブハウスを中心に音楽活動をスタートさせ、ソロ、デュオ、バンド、セッション、さまざまな形態で自身の音楽性を拡張させ続けている。2016年には1stソロアルバム「リピー塔がたつ」をリリースさせ、同年、フジロックへも出演を果たした。そこから、2年という歳月をかけて作った2ndアルバム『AINOU』が2018年11月にリリース。このアルバムは、全国各地で出会ったミュージシャンを引き入れてセッションしていた、今までのスタイルとは違う。レミ街の荒木正比呂と深谷雄一、MASAHIRO KITAGAWA、西田修大というメンバーを決め、彼らと2年間コミュニケーションを密に取り、できあがった作品だ。このことについて、中村佳穂はこう話す。…

STUTSがAWAでプレイリスト『Autumn Changes』を公開。「ミックスCDと違って、プレイリストだと1曲ずつ楽しめる」

STUTSがAWAでプレイリスト『Autumn Changes』を公開。「ミックスCDと違って、プレイリストだと1曲ずつ楽しめる」

STUTSがAWAでプレイリスト『Autumn Changes』を公開した。

STUTSは1989年生まれのトラックメーカー/MPC Player。2013年2月、ニューヨーク・ハーレム地区の路上でMPCライブを敢行し、オーディエンスが踊り出す動画をYouTubeで公開して話題になった。MPC Playerとして都内を中心にライブ活動を行う傍ら、ジャンルを問わず様々なアーティストよりトラック制作、リミックス依頼を受けるようになる。2016年4月、縁のあるアーティストをゲストに迎えて制作した1stアルバム「Pushin’」を発表し、ロングセールスを記録した。2017年5月にはLAで開催されている老舗パーティー”Low End Theory"に出演。2017年6月、Alfred Beach Sandalとのコラボレーション作品「ABS+STUTS」を発表。そして、2018年9月に2ndアルバム「Eutopia」をリリースした。最近では星野源の楽曲参加や「Eutopia」のリリースパーティーなど話題が絶えない。そんなSTUTSが、初めてプレイリストをAWAで作った。…

sui sui duckがAWAで選曲したプレイリスト『疲れた夜の癒しミュージック』を公開。 「こういう雰囲気の中で音楽をやっていきたいという、意思表示の意味合いがあるプレイリストを作りました」

sui sui duckがAWAで選曲したプレイリスト『疲れた夜の癒しミュージック』を公開。 「こういう雰囲気の中で音楽をやっていきたいという、意思表示の意味合いがあるプレイリストを作りました」

sui sui duck(スイスイダック)がAWAでプレイリスト『疲れた夜の癒しミュージック』を公開した。

sui sui duckは、渋谷勇太(Vo,Gt)、堀内拓海(Gt)、清水新士(Ba)、安達智博(Dr)、Art Director高橋一生の5人のメンバー構成で、2015年結成し、2016年4月から都内にてライブ活動を開始した。その後、ap bank fesやsummer sonicといった大型フェスにも出演。2018年10月より12ヶ月連続のデジタル配信を掲げ、精力的に活動中の5 人組バンドである。今回はメンバーの渋谷勇太(Vo,Gt)、堀内拓海(Gt)、安達智博(Dr)に、12ヶ月連続のデジタル配信第三弾である「webfoot」のリリースを記念して、新曲や選曲したプレイリストについて、定額ストリーミングサービスの印象についてなど、聞いてみた。…

KANDYTOWNのGottzがAWAでプレイリストを公開。「SOUTHPARKは正直なアルバムになった」

KANDYTOWNのGottzがAWAでプレイリストを公開。「SOUTHPARKは正直なアルバムになった」

KANDYTOWNのGottz(ゴッツ)がAWAでプレイリストを公開した。

Gottzは、KEIJU as YOUNG JUJUやDIAN、MIKI、DJ WEELOWらとともに結成したグループ、YaBasta(ヤバスタ)として活動し、IOやRyohuらを擁するグループ、BANKROLLと合流し、KANDYTOWNを結成。結成後は、“The Man Who Knew Too Much”や“Ain’t No Holding Back”、“Feelz”といったライブでも定番楽曲でパワフルなラップで注目を集めた。一際目立つ存在で、ラップのみならず、モデルとしてBlackEyePatchのコレクションなどで活躍。そんなGottzが10月にソロアルバム「SOUTHPARK」をリリースし、AWAでプレイリストを公開した。今回、このアルバムについての話などを少し聞いた。…

DECO*27(デコニーナ)がAWAで選曲したプレイリスト『学生時代から聴いてる曲』を公開。「音楽ストリーミングサービスが出た瞬間、最高だなって思いました」

DECO*27(デコニーナ)がAWAで選曲したプレイリスト『学生時代から聴いてる曲』を公開。「音楽ストリーミングサービスが出た瞬間、最高だなって思いました」

DECO*27(デコニーナ)がAWAで選曲したプレイリスト『学生時代から聴いてる曲』を公開した。

DECO*27は2008年10月よりVOCALOIDを使用した作品を動画共有サイトに投稿したことでキャリアをスタートさせ、ニコニコ動画の総再生回数は驚愕の4,100万回を超える。一聴してDECO*27の作品だと判る印象的なメロディーはもちろん、「愛」や「恋」といった万人が持ち得るテーマ、思春期に体験する等身大の感情をリアルに、かつ絶妙な言葉遊びを用いて描いた歌詞が10代~20代の若い世代に圧倒的な支持を得ている。アーティストのプロデュースや楽曲提供も手がけ、幅広い活躍を見せるアーティストだ。今回AWAオフィシャルアカウント開設の記念に、プレイリストの選曲理由から楽曲制作について、定額制ストリーミングサービスに対する印象を聞いた。…

ピノキオピーがAWAで選曲したプレイリスト『何度も聴いてる曲』を公開。「音楽を聴くのがより楽しくなりました」

ピノキオピーがAWAで選曲したプレイリスト『何度も聴いてる曲』を公開。「音楽を聴くのがより楽しくなりました」

ピノキオピーがAWAで選曲したプレイリスト『何度も聴いてる曲』を公開した。

ピノキオピーは2009年より動画共有サイトにボーカロイドを用いた楽曲の発表をスタートし、「腐れ外道とチョコレゐト」や「ありふれたせかいせいふく」「すろぉもぉしょん」など数々のヒット作を生み出す。作曲活動の他にも、動画内のイラストや漫画の執筆、様々な商品プロデュースも行っている多彩なアーティストだ。ライブ活動も活発で、2014年からそれまでのパフォーマンス形態からリニューアルを図り、笑って歌って踊って楽しめるパフォーマンスを提供している。今回AWAオフィシャルアカウント開設の記念に、プレイリストの選曲理由から活動スタイル、定額制音楽ストリーミングサービスに対する印象を聞いた。…

KOJOEがAWAでプレイリスト『この夏聴いた曲』を公開。「2nd Childhoodは、いずれ使いたいタイトルとしてメモってた」

KOJOEがAWAでプレイリスト『この夏聴いた曲』を公開。「2nd Childhoodは、いずれ使いたいタイトルとしてメモってた」

KOJOE(コージョー)がAWAで選曲したプレイリスト『この夏聴いた曲』を公開した。

KOJOEは新潟生まれ、NYクイーンズ育ちのヒップホップシーンで圧倒的な支持を受けつつも、インディペンデントなスタイルで活動を続けているラッパー。2007年、NYの名門ヒップホップ・レーベル RAWKUS RECORDSに日本人として初めて契約し、2009年に帰国後、英語と日本語のミックス、ラップと歌の二刀を使い分けた高いスキルを武器に多くのアーティストと共演。 近年では、Olive OilやAaron Choulaiなどのビートメイカーたちとのコラボ作をリリースし、去年の11月に多くの客演陣を招き、プロデューサーとしての力を世に示したアルバム「here」をリリースし、大きな話題となった。そのわずか9ヶ月後にニューアルバム「2nd Childhood」をリリース。今回、アルバム『2nd Childhood』について話を聞いた。…

【インタビュー】Sweet William × Jinmenusagi 「ストリーミングサービスは自分の音楽の色んな聴かれ方、捉え方があって面白い」。これに合わせ、Jinmenusagiが選曲したプレイリストがAWAで公開

【インタビュー】Sweet William × Jinmenusagi 「ストリーミングサービスは自分の音楽の色んな聴かれ方、捉え方があって面白い」。これに合わせ、Jinmenusagiが選曲したプレイリストがAWAで公開

愛知県出身のプロデューサー/ビートメイカー、國枝真太朗主宰のクリエイター集団「Pitch Odd Mansion」の一員として、音楽的素養の高さを感じさせるグルーヴィなトラックをドロップし続けているSweet Williamと、東京都出身のラッパー/ビートメイカーで、中学時代にエミネムやエイコンに影響を受け、ヒップホップに傾倒。ネット上に楽曲をアップしながら、ラップ活動を開始し、圧倒的なスキルと独自の感性で生み出すラップスタイルを持つJinmenusagi。この2人が新進気鋭のレーベル「EPISTROPH」と今注目のクリエイター集団「Pitch Odd Mansion」の共同作『la blanka』を9/26(水)にリリースした。このリリースに合わせ、Jinmenusagiに「Night Mellow」なプレイリストを作成してもらい、『la blanka』や音楽ストリーミングについての話などを聞いた。…

CIVILIANがAWAでルーツとなった楽曲のプレイリストを公開。「音楽を身近にするストリーミングサービスの進化に期待している」

CIVILIANがAWAでルーツとなった楽曲のプレイリストを公開。「音楽を身近にするストリーミングサービスの進化に期待している」

CIVILIAN(シヴィリアン)がAWAで選曲したプレイリスト『CIVILIANが選ぶ「ルーツになった曲』を公開した。CIVILIANは2008年にVoのコヤマヒデカズが同じ学校の卒業生であるBaの純市とDr の有田清幸に声をかけ結成されたスリーピース・ロックバンド。8月にリリースされた最新曲「何度でも」はスクウェア・エニックスによる人気RPGシリーズのスマートフォン向け作品『スターオーシャン:アナムネシス -TWIN ECLIPSE-』のテーマソングに抜擢され話題を呼んだ。今回、メンバーと昔からの知り合いである筆者が彼らのロングインタビューを敢行。楽曲について、全国ツアーへの思い、音楽ストリーミングサービスに対する率直な思いを聞いた。…

SILENT SIRENが青春をテーマにセレクトしたプレイリスト『一生青春 by SILENT SIREN』がAWAで公開

SILENT SIRENが青春をテーマにセレクトしたプレイリスト『一生青春 by SILENT SIREN』がAWAで公開

ガールズバンド、SILENT SIRENがAWAでプレイリスト『一生青春 by SILENT SIREN』を公開した。

SILENT SIRENは、Vo&G.すぅ(吉田菫)、Dr.ひなんちゅ(梅村妃奈子)、Ba.あいにゃん(山内あいな)、Key.ゆかるん(黒坂優香子)の4人から構成されるガールズバンドで、通称「サイサイ」として親しまれ、多くのフェスやライブに出演している。今年、バンド史上最多公演の全国ライブツアー「天下一品presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜”Girls will be Bears”TOUR〜」を3月18日からスタートさせ、7月14日の豊洲PITでファイナルを迎えて大成功をおさめた。デビュー6年目を迎え、さらに勢いを増している唯一無二のガールズバンド。そんな、SILENT SIRENにAWAで自身の“青春”をテーマに選曲してもらったプレイリスト『一生青春 by SILENT SIREN』を作ってもらった。…

大比良瑞希がAWAでルーツとなったプレイリストを公開。「音楽ストリーミングがあるからこそ、CDを買うことは昔よりも心の残り方が濃いものになる」

大比良瑞希がAWAでルーツとなったプレイリストを公開。「音楽ストリーミングがあるからこそ、CDを買うことは昔よりも心の残り方が濃いものになる」

大比良瑞希(おおひらみずき)がAWAで選曲したプレイリスト『Bitter & Sweetな名曲たち』を公開した。

大比良瑞希は、東京を拠点に活動するシンガーソングライター。2015年にミニアルバム「LIP NOISE」のリリースでソロ活動を本格的にスタートさせ、2016年に1stアルバム「TRUE ROMANCE」をリリースした。2017年には「Real Love」「アロエの花」「見えない糸 ~Never Be The Lonely One~」のシングル3曲を配信限定でリリースし、2018年にはそれぞれのリミックスバージョンを、STUTS、tofubeats、高橋海(LUCKY TAPES)が担当し、こちらも3作連続で配信リリースして話題となった。そして、ついにこのオリジナル&リミックスの計6曲を1枚に収録したEP「unify」が9月5日にリリースされる。そんな話題が絶えない、大比良瑞希にAWAでプレイリストを作ってもらい、EP「unify」をリリースする経緯や音楽ストリーミング、セレクトしたプレイリストについてなどの話を聞いた。…

ビートメイカーのTOMOKO IDAがAWAでプレイリストを公開。「ニューヨークでの経験が自分を本当に強くした」

ビートメイカーのTOMOKO IDAがAWAでプレイリストを公開。「ニューヨークでの経験が自分を本当に強くした」

ビートメイカーのTOMOKO IDAがAWAでプレイリスト『2017-2018 laid back #mood』を公開した。

TOMOKO IDAは、女性HIPHOPデュオの@djtomoko n Ucca-Laughで2011年にメジャーデビューし、近年、ちゃんみなやEXILE TRIBE、SIMI LABのMARIAの楽曲のビートメイカーとして多岐に活躍している。そして、今年、自身初のインストゥルメンタルEP『Shikkui』をリリース。日本の伝統楽器と重低音が響くヒップホップサウンドで“和と洋”、“昔と未来”がクロスオーバーした、4曲入りのEPに仕上がっている。そんなTOMOKO IDAにAWAでプレイリスト『2017-2018 laid back #mood』を作ってもらい、少し話を聞いた。…

SIRUPがAWAで、自身の音楽遍歴をたどっていくプレイリストを公開。「ストリーミングで僕のことを少しでも知ってもらえるきっかけになってくれたら嬉しい」

SIRUPがAWAで、自身の音楽遍歴をたどっていくプレイリストを公開。「ストリーミングで僕のことを少しでも知ってもらえるきっかけになってくれたら嬉しい」

SIRUP(シラップ)がAWAで、”the process of SIRUP“ をテーマに選曲したプレイリスト『SIRUPlaylist』を公開した。

SIRUPは、R&B/Soul、HIPHOPなどのブラックミュージックをベースに多くのクリエイター やミュージシャンとコラボしていく、シンガーソングライターのKYOtaroが立ち上げたソロプロジェクト。昨年、小袋成彬率いるTokyo Recordingsプロデュースによる“Synapse”でデビューを飾り、その年にリリースした“SIRUP EP”がApple Musicジャンル別で1位を獲得するなどで話題となった。そして、今年の8月1日には『SIRUP EP2』がリリースされた。このEPは、5月に先行デジタルリリースされた“LOOP”を筆頭に、地元大阪のクルーSoulflex(ソウルフレックス)が奏でるグルーヴィーなサウンドに踊りだしたくなる“Do Well”や、疾走感溢れるナンバー“Rain”など、全7曲が収録されている。このEPリリースを機に、SIRUPに自身の音楽遍歴をたどるプレイリストを作ってもらった。

OLD NICK aka DJ HASEBE がAWAでプレイリスト『Tokyo Summer Groove』を公開。「サブスク時代は学んで楽しめれば良い」

OLD NICK aka DJ HASEBE がAWAでプレイリスト『Tokyo Summer Groove』を公開。「サブスク時代は学んで楽しめれば良い」

OLD NICK aka DJ HASEBE がAWAでプレイリスト『Tokyo Summer Groove』を公開した。

DJ HASEBEは、ヒップホップ DJとしてのキャリアと、その類まれなキャッチーなポップセンスでシーンをクロスオーバーさせながら、今も第一線に立ち続けている。多くのミックスCDをリリースし、大ヒットコンピシリーズ「HONEY meets ISLAND CAFE」ではビーチスタイルミュージックの頂点に立った DJ HASEBEが、自身のヒップホップDNAを掛け合わせ、 OLD NICK名義として初めてのアルバム『natsuco』を7月11日にリリースした。このアルバムには、PES、bird、Leyona、やけのはら、SUSHIBOYS、FUKI、Yo-Seaなどのアーティストが9組参加し、夏にぴったりの作品に仕上がっている。今回、AWAではこのアルバムリリースを機にプレイリスト『Tokyo Summer Groove』を作ってもらった。…

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります